インスタAI『ターゲットスナイパー』が色々な業種に導入される訳とは?


インスタAI『ターゲットスナイパー』が色々な業種に導入される訳とは?

 

今年2019年に入って、静かなブームから圧倒的なブームを巻き起こし出した『ターゲットスナイパー』。

本当に様々な業種の方からお問い合わせを頂くようになりました。

私が今まで販売して来た中で、一番反応が出たシステムです。

時代がこれを待っていたと言えるのではないでしょうか?

 

まるでハンコを押したように同じ機能しか搭載していない、♯ハッシュタグにしか反応しない従来型インスタ自動ツール。

一体何10社が同じようなツールを販売価格や見せ方を変えて出しているのか?

なぜ考えもせずに、同じ機能しか作らないのか?

それは簡単だからです。

後発のシステム会社は中味をマネして作るので、簡単に作れるのです。

同じようなモノを作って、あたかも機能をプラスしたように見せて、料金を安く設定し、世に出してくるのです。

そしてその販売方法の善し悪しで、売れるか売れないかが決まって来ているのです。

 

確かに、どんな自動ツールでもそれを使えば、短期でフォロワーの数は増えて来ます。

そして、それでも効果が出て来ているお店も現に存在します。

数が多ければ確率は上がりますので当然の話です。

ただ、大半のお店はこの群雄割拠のインスタ時代に埋没した投稿しか出来ていないので、効果はほとんどないのです。

それもそのはず、#ハッシュタグに反応するのは同業者ばかりで、アナタのお店の周りにいる本当のお客様ではないからです。

お店は自分の売りたいメニューをハッシュタグに付けて投稿しますから、当然と言えば当然ですね。

 

そこで『ターゲットスナイパー』は考えました!

その#ハッシュタグにいいね!している人はお客様になり得るのでは?と

しかもアナタの同じ地域で営業している他の飲食店やお店の投稿にいいね!している人はお客様になり得るのでは?と

この人たちにコチラからフォロー、いいね!をマメにしていくのです。

これは、実は手動で、アナタが出来るのす。

毎日コツコツ努力できれば、手動で出来るのです。

でも僕は知っています。

それを知ったとしてもやる人はわずか1%だと・・・・・(^^)

最初はコツコツとやっていても,スグに毎日が3日に1回、1週間に1回となり、やがては止めてしまうのです。

これが人のモチベーションというものなのです。

でもこれをツールに任せておけば、アナタが寝ている間も、休んで遊んでいる間もしっかり仕事をしてくれます。

アナタは投稿内容に力を入れるだけで良いのです。

地味な作業は機械に任せて、アナタの本来の職に力を入れて下さい。

 

上手くツールを利用することがこのスピード時代に必要な戦略なのです。

アナタが導入を迷っている間に、ライバル達は今日もアナタの周りのお客様を静かにフォローして行っているのです。

3ヶ月なんて本当にアッと言う間です。

そのような間で、アナタのお店の周りにいるインスタを登録している人たちをフォローしつくしてみませんか?

まあフォローしつくなんてことはありえないですけどね(〜〜)

 

このツールの詳細をご希望の方は,私のLINE@にご登録下さい。

LINE登録はこちらから

八坂と1対1でつながり、色々なお悩みのご相談を受け付けます。お気軽にご相談下さい。

友だち追加

 

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インスタAI【TwoGood】

MEO集客とは?

八坂式スマホ動画集客法DVD

自社WEB予約システムで集客を

ページ上部へ戻る